2006年 1月 11日

重苦しい空気

投稿者 by at 15:49 / カテゴリ: / 93 コメント / 0 TrackBack


「オールドボーイ」を見ました。
原作は日本の漫画で、韓国が映画化したものです。

久々に胸に重くのしかかる痛みを感じる映画だったけれど、
それは「砂の器」や「バトルロワイヤル」などの類の
「重さや辛さ」とは、まったくもって別次元でした。

あー、見なきゃ良かったなぁと思ってしまうような衝撃的映画です。
(オススメしてるんだか、してないんだか)

▼続きを見る⇔折りたたむ▲


「シックスセンス」や「いま会いにゆきます」や「アザーズ」のように
ネタバレすると面白くない映画なので、
もし今後見る予定がある方のために概要のみとさせてもらいます。

ある男がワケのわからないまま15年間、監禁される。
なぜ監禁されたのか?!
監禁されながら考え、開放された瞬間からひたすら調べ、
調べずには生きられない、
失われた15年間の謎のために、復讐のために!!
という、暗い映画です。

バイオレンスしまくりだし、血まみれでグロテスクだし、
もう何が何だかわからなくってイライラするような、
でも知りたくて最後まで見ちゃうような。

とりあえず、教育テレビの真逆をイッちゃってますので
そういう意味ではあまりオススメできません★

でも・・・・気になっちゃう・・・・

そして最後まで見て・・・・・(ショック!!)

そう、そうじゃないかと思いながら見てたんだよぅ!!
でもいつの間にか忘れてたんだよぅ!!

まさに「シックスセンス」のブルース・ウィリスは
実は最初に死んでましたってことを知った瞬間のような衝撃(涙)

そして、あまりにも切ない、哀しい、悲劇的な愛の物語なんですね・・・

悶絶して額と背中に変な汗かいて、
これ見た後「おやすみ~♪」って安眠はさせないぞ!
というストーリー展開です。

おうちで一人で見たけど、
一人で見たほうがいいような気がします。
家族団らんしながらは絶対に見れないです、絶対に。

では、皆様、どんよりと暗い気分に浸って
眠れない夜をご経験クダサイ・・・・(おいおい)

2006年 1月 11日

ラブコメの伏線

投稿者 by at 14:38 / カテゴリ: / 51 コメント / 0 TrackBack


先日、「ユー・ガット・メール」を見ました。(遅いよっ!)

「めぐり逢えたら」はものすごく好きで繰り返し見ていた分、
同じメンバーで織り成す、同じ「ラブコメ」というのに抵抗があり
なかなか手が出ずにいたのですが・・・

まぁ、普通にラブコメとして面白かったと思います。
軽い気持ちで見ていただける作品になっていますので
何とな~くラブコメでも見たいな☆という気分のときにオススメします。

ただし、劇中、どうも動揺してしまった
ワタクシ的に納得いかない場面がありまして。。。

▼続きを見る⇔折りたたむ▲


「めぐり逢えたら」でもそうだったのですが、
今回はトム・ハンクス、メグ・ライアンどちらにもパートナーがいる中で
出会い、恋をして、やがてめでたしめでたし・・・という展開に至ります。

ってことは、途中で「パートナーとの別れ」が必須となりますよね?

ちなみに「めぐり逢えたら」のメグ・ライアンは、
婚約者から記念日に夜景の見えるステキなレストランで
たいそうな指輪を頂戴しているときに(素晴らしい演出してもらってるにも関わらず)
「結婚できないっ!」ってゴネて、心の広い彼は了解してくれる、という
まぁそれも「そんなバカな!」という展開なんですが。

「ユー・ガット・メール」でのメグ・ライアンは、同棲相手がいるんだけど
メールで知り合った心の友が、ライバル会社のトム・ハンクスとは知らずに
恋をしてしまい・・・今のパートナーには多少の不満はあるとはいえ
別れるきっかけになる決定的な理由もなく惰性で同居しつづけ、
でも自分にとっての最良の理解者はメールの相手!と心ここにあらず★

そんなとき、彼に街角のカフェで切り出されます。

彼はとても言いにくそうに、(彼のほうも実は恋してる相手がいたらしい)
メグ・ライアンに対して別れの言葉を探しているとき、メグは言うんです。

メグ「愛してないの?」(←私を?)

彼「そうなんだ・・・・ごめん」

メグ「そうなんだ!実は私もなのよ!」(パッと明るい表情)

彼「そうなのかい?!」(ホッとしたような表情)

・・・そして、二人はお互いが最良のパートナーであったこと、
今まで一緒にいてくれてありがとう、と感謝を述べ
お互いの新しい恋のために別れましょう!と昼下がりのカフェで明るく話し合って
別れます。

                  そんなバカなっ!!!

こんな和やかに別れたことないだけに、動揺!(あわあわ)

普通どろどろでしょ。泣き叫んだり、刺し違えたりはしなくても
お互いに意見もあるし、一方が別れたくないって場合も大ですしね。

まぁここをクローズアップしちゃうと、本筋(ラブコメ路線)をはずしちゃうので
さらっと流す部分であることは、よくわかってますよ、わかってますけど!!!

理想?大人な別れ方ってこう?と私はここで本筋踏み外してしまったよ(涙)

ちなみに、トム・ハンクス側の別れ方も凄かったです。。。
これもソンナバカナ!な展開ですが、まぁきっかけとタイミングとしては、
もうラブコメだし好きにしてちょうだい!という投げやりな気分と
もしかしたらアリよ、形は違えどこういう別れのきっかけも!という気分が半々で
納得できないこともないことないかなってことで★

ということで、
二人が最後にくっつくかどうか(ハナっからくっつくに決まってるんだから)
なんてそっちのけで、別れのシーンで椅子から飛び上がって

そんなバカな!!

を繰り返してしまったワタクシは、何か間違っているのでしょうか?

ぜひ一度、映画を見た上で
「そこ、こだわるところじゃないと思う」
とハッキリ言い聞かせてもらえたら、
このもやもやとした気持ちも少しはスッキリするかも~(苦笑)